×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペット位牌について

ペットには戒名必要としません

ペットブームでは、犬や猫を飼う人が大変増えています。
特にご年配の方々が、寂しいのか、小型犬や猫を飼う人が多いのです。
動物も生き物で、人間と同様にいずれか死を迎えることになります。
寿命も人間より短く、二十年を超える犬や猫はほとんどありません。
だいたいの場合は死んだら火葬れます。

人間であれば、亡くなった後に戒名を付けられるのですが、ペットには戒名必要ありません。
そもそも、戒名は仏教に入って、仏教の戒律を守る為に付けられたもので、ペットは人間ほど悪いことをしていません、 戒めるべきものは何も無いです。

かつ、生きているうちに人のために尽くして、感謝することがあっても、懺悔することは一切無いです。

ペット位牌の文字入れ

ペット位牌の文字入れは特に決まりが無いですが、一般的に人間と同様に正面に没年月日とペットの名前が入ります。 裏面に俗名、年齢、功徳主などの情報を入れる。

功徳とは 現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行、善根のこと。
ペット飼うことは飼い主現世においての善行です、来世の利益になります。

まだ、文字入れは単なる日付などの記述だけではなく、愛情を込められた言葉を入れることも多いす。
ペットの写真まで彫られる方もいます。

位牌知識ガイド より


トップページ